小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ別~国際支援の現場へ(5)~インドのコルカタ、マザーハウス!(1)~
本には書かなかった世界一周ウラ話(115)
       ♪テーマ別~国際支援の現場へ(5)
         ~インドのコルカタ、マザーハウス!(1)~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、子連れタイ4回など)を、つづって
います。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  ページ左下の方の、カテゴリー別に入れています)

前回から、国際支援の現場へ
(1)きっかけは、ケーコさんと、物乞いからのありがとう
(2)ベトナム フエの「子どもの家」
(3)難民支援のデイジーさんを訪ねて~
(4)「木浦(モッポ)共生園」の話。


今回は、インドのコルカタ、マザーハウス!(1)


子連れで行ったらどんなにかタイヘンで、でも面白いはず、と思ったのは、インドですね~

私がインドにひとりで行ったのは、1992年。

本当に、めちゃめちゃ、ミソも○○もいっしょ、というカルチャーショックで、翻弄され
っぱなしでした。

とにかく、ひとり旅なのに、ひとりにしてくれ~!ひとりになりたい!と叫びたくなるほ
ど、にぎやかというか、人がたかってくる(笑)というか・・・。

目的地にこれほどすんなり行けない国はなかろうもん、とも思いましたね。

そんな国に、小さな子供をふたりも連れて行こうものなら、どうなるのかなあと、
心配4割、きっと、面白いはず6割、と思っていきましたね。

実際は、心配は1割、9割はおもしろくてたまらなかったです。

そんなインドで、マザーハウスで、子連れボランティアしたいと思ったわけです。

事前にネットで、たくさん調べました。

まず、だれでもボランティアできること、
ボランティアは最短で、半日からできること
特別な、資格などはいらないこと
ボランティアするにはどこに行けばいいか
だれに言えばいいか
ボランティアの仕事
さまざまな施設の内容
・・・・

といろいろ情報は得られるのですが、子連れはどうか?なんていうのは、ありません
でしたね。

ぶっつけ本番なわけです。

でもきっと、どうにかなるだろうと思っていました。

ボランティアが必要な施設は、いろいろあって、有名なのが”死を待つ人の家”ですが、
ほかにもいろいろあります。孤児の赤ちゃんたちの施設や、孤児で、障害がある小学生
ぐらいの子供の施設など。

どうにかなるだろうと簡単に思っていましたが、

行って見ると、子連れは、ムリと言われてしまうのです。

(つづく)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。