小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっほー!クジラにペンギンに氷河!すっごいよー!
やっほー!クジラにペンギンに氷河!すっごいよー!

たかひか日記(10月27日~11月9日)




11月9日 カラファテ出発 ブエノスアイレスへ
たのしかったカラファテを出発して、お昼のバスで、リオ・ガジェゴスへ行き(4時間
半)、のりかえて、首都のブエノスアイレスへ向けて出発しました。ブエノスアイレス
までは36時間かかるそうです。長いです・・。

11月8日 カラファテ アルゼンチン

今日は、あさ学校の勉強をして、魚釣りに行きました。
車で1時間ぐらいの所でやります。
でもなかなか魚は釣れません。
そして、3時間後風が強くなってきて、糸を向こうに投げると、風のせいで浅い所に
行って、石に魚を釣るやつが引っかかります。
それを何度もやっても同じなので、ホテルに帰りました。
ホテルに帰って、少し寝て、料理を手伝ったりしました。
今日魚釣りで魚がとれなかったので、1週間前の冷とうされていた。
魚を焼き魚にして、食べました。
ウシュアイアで食べたマスとちがって、新せんなので、とても美味しかったです。



11月6日 氷河ツアーへ出発! カラファテ アルゼンチン

今日は、朝6時に起きて、6時半にホテルを出ました。
ツアーのバスに乗って、プエルトバンディーラと、言う港に行きました。

そこには、いくつもの豪華な船が停まっていて、ぼくたちが乗った船もいい感じの船
でした。

さあ、いよいよ、氷河へ出発です。

船に乗って、30分後ぐらいに、海にうかんでいる、氷河が見えてきました。
氷河が見えるとみんないっせいに外に出て、写真を取っていました。
僕は、初めて、氷河を見たので、とても驚きました。

それから、どんどん氷河が出てきて、時には大きいのも出てきてくれました。
氷河は、みんな青色でとってもキレイでした。

写真を取っていると、青色した氷河の後ろから黒色が混ざった氷河も出てきました。
とても大きいのが出てくると、船が止まって、みんな写真をたくさん取っていました。
そして、また30分後とても大きい氷河の大群がたくさん出てきました。
その時はとても風が強かったです。

そして、船から上陸して、1時間ぐらい歩くと、見渡すがぎりの氷河が見えてきま
した。そこは、氷河の小さいのがさわれる所です。
みんな氷河をさわって、写真を取っていました。
氷河をなかなか溶けません。ぼくも氷河をつまみました。その氷で、外国人の人達がウイスキーを飲んだりしていました。

次ぎにまた船に乗り、違う氷河を見に行きます。
特に、最後の氷河はいままでとちがって、とても大きくて、ずごいはくりょくでした。
風も最高に強く吹きました。
おかあさんは氷河の崩壊をみたいなーとねばっていて、とうとう、見れたそうです。

今日は、たくさん歩いたし、興奮したのでとても、つかれました。
ほんとうに、すごかったです。きてよかったと思いました。

11月4日(土)ウシュアイア→カラファテ ずっーーーっと移動

今日は朝4時20分に起きました。なぜかというと、乗るバスが5時半発だから
です。とてもねむかったです。

上野荘のおばあちゃんと西岡さんに見送られ、ぼくたちはバスが出発する通りに
行きました。バスは5時半出て、アルゼンチン出国、チリ入国、マゼラン海峡を
船で渡り、またチリ出国、アルゼンチン入国して、乗り換えのリオ・ガジェゴス
へ着きました。夕方の6時10分。

それから乗り換えて、カラファテ行きに乗りました。夜8時半発、到着するのは
夜中の1時の予定です。

カラファテについて、フジ旅館の人に迎えにきてもらい、ふじ旅館につきました。
やっと、着きました。ここは、氷河の近くの町です。


11月3日 ウシュアイア アルゼンチン カニ食べたよおおおお!

今日は、上野のおばあちゃんが、カニを漁師さんから買ったから、食べませんか?
と言われて、ぼくはめちゃめちゃうれしくて、すぐに
「うん!食べる食べる!」
と返事をしました。

真っ赤できれいで大きなカニで1匹、25ペソだそうです。1000円しない
ぐらいです。

夕方になって、西岡さんとギョーザをつくって、お母さんはスープとか作って、
上野のおばあちゃんがカニをゆがいてくれて、すごいご馳走がならびました。

もう、みんな話もせずに、カニを食べました。お湯でゆがいただけなのに、味付け
なんか何もしていないのに、カニはとても甘くて、おいしかったです。
こんなにおいしいの初めて食べました。
今日もおなか一杯。ぼくは、ほんとうに日本食ならたくさん食べられます!


11月2日 ウシュアイア アルゼンチン

今日は朝、学校の勉強をして、バスに乗ってセントロ(街)へ行き、今日の夜ご飯
の買い物にでかけました。
そして、バスに乗って、ずっと向こうにも行きました。
セントロはとてもきれいだし、上野荘がある周辺も住宅地が広がっていて、反対側も
いろんな家がありました。
ところどころ、こわれそうな家もありました。

終点に近いところで、お店があったので、ピザを食べました。
とても美味しかったです。セントロで食べるよりたいぶん安いねとお母さんがいって
ました。

そして、バスで町の中心に行きました。
中心に行って、魚屋を見つけて、トルーチャ(サケ)を買いました。

そして、世界の果て博物館に行きました。
博物館のパンフレットの種類で日本語のパンフレットがありました。

博物館は今僕達がいるフエゴ島にいる鳥達の標本や原住民の写真や、昔使われて
いた、道具などがある博物館です。原住民は今ここにいる人達とはまったく違って、
どちらかというと、ぼくたちみたいな顔をしていました。

それから、いろんな鳥の標本がたくさんありました。
ぼくはとても興味ぶかかったです。

夕方、ホテルに帰って、またトルーチャの散歩に行きました。
公園に行って、首輪をはずして、自由にして、僕達が
「トルーチャ」
と、言うと自分から帰ってきました。ほんとうにおりこうな犬です!
ぼくはトルーチャみたいな犬がほしいと思いました。

11月1日 ウシュアイア アルゼンチン

今日は、昨日乗ってた、バスにガラパゴスで買った大切な大切なぬいぐるみ(イグアナ
・アシカ)を忘れたので、バス会社に行きました。
でもバス会社の人達は、ありませんと、答えました。
ぼくは、本当に大切にしていたので、泣きそうな気分でした。ぼくがわすれたので、
ぼくのせいです。とてもかなしいです。

ホテルに帰って、トルーチャの散歩に行きました。
トルーチャはとても力が強く僕達が引っ張られます。
イヌがいると、ほかのイヌ達がいっせいに吠えていきます。
でも吠えていきら石を持って、投げるふりをしたら、逃げます。
トルーチャに引っ張られて、いろいろな所に連れて行かれました。
そして、1時間ぐらい散歩をして、やっと、上野ホテルに帰りました。
そして、夜ご飯の準備をします。
今日の夜ご飯は、カレーライスです。
カレーライスはいつ食べても日本と変わらなくとても美味しいです。




10月31日 ウシュアイア アルゼンチン

今日は、朝早くバスに乗ってウシュアイアに行きました。
ウシュアイアの行くとちゅうでマゼラン海峡をわたりました。
バスは遅れて、夜の10半ごろつきました。
朝からバスに乗って、ほとんど何にも食べて無く、バスが通った道にも何の店も
なく、おなかがへっていました。
それで、すぐ、レストランで食べました。

ここは世界の果て、世界最南端の町です。とうとうここまでやってきました!
町は、夜でも、明るくてきれいな町、そして、雪がつもった山と、南極に続く海に
面した町です。
寒いことを覚悟していましたが、それほどでもありませんでした。
ここは11月から3月までがシーズンで、それ以外は雪にとざされているそうです。

ホテルは、日本人もがやっている、上野荘に泊まりました。
セントロ(町の中心)からタクシーで5分ぐらいのところです。
上野ホテルは、トルーチャと、言うメスのイヌがいて、僕達にすぐ慣れました。



10月28日 バルデス半島へ!プエルトマドリン アルゼンチン 

今日は、レンタカーをかりて、バルデス半島に行きました。
まず、クジラが見れる見れる所に行きました。
船に乗って、15分後クジラが出てきてくれました。
クジラのジャンプでみんな驚いて、いました。
クジラの体が少しだけ海から出ると、みんないっせいに写真を取っていました。

出てきたのは、白クジラと普通の黒っぽいクジラで、子供のクジラで、あそんでいる
みたいでした。子供といっても、すごくでっかいです。20メートルぐらいかなあ?

いなくなったー!と思うと、ひょっと出てきたり、すーっと海の中を泳いで、
ぼくたちの近くにきてくれたり、遠くにいったり、面白かったです。

絵葉書にある、くじらのしっぽをあげて水面をたたくすがたが、よくみられました。


次ぎは、ゾウアザラシがいる所に車で行きました。
ゾウアザラシはみんな、ならんで寝ていました。
みんなぴくともなかなか動きません。
大きいのは迫力ありました。パパが「おかあさんみたいや」と言っていました。
ぼくたちは、ほんと、そうやん。おかあさん、海にいったらいつもねとうもんね。
全然うごかんもんね、と。

そして、ペンギンがいる所に行きました。
ペンギンが目の前いるので、びっくりしました。
外にいるペンギンもいれば、巣づくりしてたり、子育てしてるペンギンもいます。
そして、シャチが見れる所に行きました。
車から下りると、アルマジロが出てきました。
アルマジロはてくてく歩いては、車の下にいくのをくり返して、みんなを笑わせて
いました。
でもシャチが見れませんでした。シャチは季節が違って4月ごろ見えるそうです。
シャチが見れる場所の案内所には、ここに住むシャチの名前などが紹介してある
写真がありました。
ぼくは、また、シャチをみにくるぞと思いました。




10月27日 プエルトマドリン アルゼンチン

今日は18時間乗って、やっとプエルトマドリンに着きました。
プエルトマドリンはバルデス半島と言うペンギンやゾウアザラシ・シャチ・クジラなどが見れる所です。
まず、ホテルを探しました。
でもホテルは、みんな100ペソで(4000円)でとても高いです。
ずっと歩いていると、アルゼンチンの人が
「なにを探しているんですか??」
と、親切に聞いてくれました。
だからお母さんがスペイン語で
「安いホテルをさがしています!!」
と、言ったら
「ここから4つ目の角を左曲がったらあるよ!!」
と、教えてくれました。
教えてもらったホテルに行ったけど、
「部屋は空いていません」
と、言われました。
そして、またホテルを探していると、教えてくれた人が一緒に探してあげようと
いってくれました。ぼくたちが荷物をもっていて、しんどいだろうと心配してくれた
そうです。それで、車に乗って、あちこち、探してくれました。

でもホテルは、みんな高かったです。結局一番安いのが100ペソ。
というか、ひとり25ペソだそうで、ぼくたち子供も一人前でお金をとられる
ということです。お母さんは、子供は半額にしてもらいたいねーとぶつぶつ言っ
てました。
でも、その親切な夫婦のおかげで、無事ホテルにたどり着けてほんとうによかった
です。こんなにいい人はなかなかいません。メキシコで、バスがなくってヒッチハイクしたときに
乗せてくれたメキシコ人のおじさんおばさんのことを思いましました。世の中には
いい人がいるもんです。

そして、明日のためのレンタカーをかりに行きました。    
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。