小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タウンシップ(黒人居住区)の子と遊んだよ
●「黒人の子供達に紙飛行機をたくさん織ってあげたよ!」●
11月24日 黒人の居住区訪問 ケープタウン 南アフリカ共和国
(たかひか日記)(2007年1/3アップ)


タウンシップみんな


今日は朝9時に旅行会社のバスが来ました。
タウンシップツアーに行くのです。
タウンシップとは、黒人の人達が住んでいるところで、白人は全くいないところです。
場所にもよるけれど、とても貧しい地域もあります。昔は黒人だからといって差別を受けていたそうです。
僕達が飛行機でケープタウンについて、空港から街までタクシーに乗ったとき、道路の右も左も、ボロボロの家がびっしりならんでいました。そこに行くそうです。

まず、15分後、シックス・デストリクトという博物館に行きました。ここはその歴史がわかる写真や昔の道具などが展示されていました。

そして、そのあと、ガイドさんの友達の家に行きました。
そこにはおばあちゃんがいて、いろいろ話していました。
おばあちゃんは若いときここに済んでいたけれど、その黒人差別で(おばあちゃんは
黒人ではなく、私達よりちょっと黒いぐらい。でも白人ではないので差別をうけて
いたそうです)強制的に、引っ越しをさせられてしまいました。とてもこの場所が
好きで、とても幸せに暮らしていたので、ここに戻りたい戻りたいと思っていて、
やっと、おばあちゃんになって(一応、黒人差別はなくなって)、ここに戻ってくる
ことができたそうです。とても、やさしいおばあちゃんでした。


そのあと、今度は、黒人の居住区にいきました。ここは、空港の近くのこわれそうな
家のところではなく、コンクリートの家が並ぶところでした。でも、家はとても古くて、
暗くて、きれいではありません。家の中もみせてくれました。みんな黒人の人達は
ぼくたちをニコニコして迎えてくれました。
この辺の家は、6つぐらい部屋があって6家族が住んでいるそうです。キッチンやトイレ
などは1つしかなく、不自由な生活だそうです。
この中でお金がたまった人達は、家族だけで住める、1家族でキッチンやトイレが
つかえるちょっとキレイなところにうつるそうです。そっちの家も見ました。
せまいけど、家族だけで住めるし使えるので幸せだと言っていました。

それから、幼稚園に行きました。ぼくたちが入ると、みんな子供達が並んで歌を歌って
くれたり、ダンスを踊ってくれました。とても可愛かったです。

そのあと、もうひとつの居住区へ行きました。それは、ぼくたちが空港からのタクシー
で見た、あの、ボロボロの家が建ち並ぶところでした。

みんな自分達で、家を作るのだそうです。壁はコンクリートではなく、トタンという
うすっぺらいプラスティックのようなものを立てかけて作っています。
自分で家を造るなんてエライ!と思いました。
でも、かなり、ボロでした。

その中にはいって、車を停めて、外に出ました。すると黒人の子供達がたくさんあつま
ってきました。たくさんの子供達に囲まれて、空手のキックしたりしました。
折紙を渡すと、僕達に「何か作って」、と言ったので簡単な飛行機を作ってあげたら
たくさんの子供達も作って、言うのでたくさん作ってあげました。作っても作ってもまた
作って!と大変でした。みんな元気で面白い子供達でした。




●「アフリカ最南端、喜望峰(きぼうほう)にきたよ!」●
11月22日 ケープポイントツアー参加 ケープタウン 南アフリカ共和国

今日は、朝7時にの旅行会社バスが迎えに来てくれました。それから、ほかのホテル
で、何人かツアーのお客さんをのせて、ツアーに出発しました。

まず、海の方で行き、船に乗りました。
船に乗って、30分後アザラシだらけの島が見えてきました。
アザラシ達は船に向かって、泳いできます。すごいたくさんいました。

そして、バスに乗って、ペンギンが見れる所に行きました。
ペンギン達がたくさんいて、とても驚きました。
ペンギンが
「テクテク」
歩くのがかわいいかったです。

そして、またバスでしばらく行って、アフリカの最南端(ケープポイント)へ歩きました。
1時間ぐらいかかりました。とてもながめがよく、気持ちいい風が吹いていました。

アルゼンチンのウシュアイアは世界の南の果てで、ここはアフリカ大陸の南の果て
です。

ぼくはアフリカに来て、なんとなく黒人さんがこわかったけど、ガイドさんが黒人で、
その人がとても優しかったので、とてもよかったです。



●「アフリカは黒人さんばかりだ」●
11月20日(月) ケープタウン 南アフリカ共和国

昨日は日曜日で店がぜんぜん開いていなかったので、今日はどうかな?と思って外に
出ました。
出てみると、たくさん店が開いていました。昨日とは大違いです。

南米もそうだったけど、この国も、土曜や日曜は閉まる店が多いのだそうです。
日本はいつでも店が開いているし、日曜日にたくさん買い物をするので、
不思議です。それに、不便だと思います。

最初はミサンガのビーズを買って、ウロウロしました。どこもきれいな店ばかりです。
そして、なんでも高いとお母さんが言っていました。
今日は、暑いけど風がふいてたので、気持ちが良かったです。

でも、ぼくは、なんでかわからないけど、歩いていて、なんかこわくてしょうがあり
ませんでした。歩いている人は黒人ばかりです。みんな真っ黒です。黒いので、笑って
いるのか、怒っているのかわかりません。
お母さんにそういうと、「そっかー。飛行機の中でのこと(機内で、手錠された黒人
男性が暴れた)があるけんね。でも、最初だけだよ。みんな、きっとやさしいと思うよ」

色々見て、ホテルに帰りました。

●「とうとうアフリカにやってきたよ」●
11月19日 ケープタウン着

そして、8時間半後、南アフリカのヨハネスブルグ空港に飛行機が到着しました。
時差が5時間あって、こっちは朝です。

荷物をもらって、また飛行機に乗り換えです。
そして、飛行機に乗りました。  
そして、2時間後、ケープタウンに着きました。

ホテルに行こうとしても外には普通のバスがありませんでした。シャトルバスは
ひとり50ランド(約800円)ぐらいで高いけれど、乗るしかありません。
そして、ホテルにつきました。

ホテルはキャット&ムース バックパッカーズというところです。
アフリカを旅してブラジルであった人達がみんな、いい!と言っていたところです。

南アフリカは何でも高いので、
部屋をもらって、外に出ましたが、店はほとんどしまっていました。今日は日曜日。
この国も徹底的に日曜日は店は閉まるようです。
歩いても歩いてもぜんぜん店が開いていません。
ずっと探したけどぜんぜん開いてないので、ケンタッキーに行きました。
ケンタッキーを出ても探したけど、とても暑くて、あまり見つけられませんでした。

ホテルはキッチンがつかえるので、スーパーに行きましたが、ビールがありません
でした。ワインはあったけど、冷蔵庫にはカギがかかっています。
ほかの店にいってもそうでした。

何件か行って聞くと、なんと、この国では、日曜日はお酒は売らないのだそうです。
土曜も午前中(たまに夕方まで売るところもある)で、お酒の販売はストップ。
お母さんもパパもがっくりしていました
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。