小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナミブ砂漠にのぼって面白かったよ
●「朝のナミブ砂漠は最高にきれいやったよ!」
12月2日 ナミブ砂漠2日め ナミビア
(たかひか日記 2007年1/3UP)

今日は朝4時にホテルを出て、朝日を見るために砂漠へ行きました。
出たときは、真っ暗でした。
道には、電気とかないので、車のライトだけで進みます。すると、ウサギが
出てきて、車に向かってきます。パパは、うわっ!と驚いて、よけました。
何度もうさぎが急に出てくるので、こまりものです。

砂漠の国立公園の入り口についたのが、1時間半後ぐらいで、1番でした。
そして、次ぎ次ぎツーリスモバスや、ぼくたちと同じレンタカーがきました。

国立公園は、開くのは時間ではなく、太陽が上がってからです。
美しい太陽が上がって、ツーリスモバスを追いかけながら、砂漠を見ました。
そして、みんなが登っている砂漠に僕達も登りました。

朝なので、昨日みたいに砂漠の砂が50℃以上の熱さじゃなくて、10℃ぐらいで、
ちょうどいい温度でした。裸足であるくときもちいいです。
足が、ずぶずぶと砂に入っていくので、走っていくと、とてもキツイです。
時間があるので、真ん中ぐらいでやめて、通った道を歩くのではなくて、そこから
誰も足を踏み入れてない砂の山を、すべり台みたいにすべりました。
とても面白いです。

そして、昨日も登ったソススフレイに行きました。ここの砂は昨日はやけどするぐらい
熱かった砂です。
でも、今日は、朝なので、15℃ぐらいでした。でも、さっき登った砂丘よりも熱くなっ
ていました。
そして、さっき登った砂丘より大きいので、とてもつかれました。
きつくなってきて、ゆっくり行きました。
心の中で
「もう少しだ??」
と、思いながら砂丘を登りました。
そして、やっと砂丘の1番てっぺんに着きました。
そして、走りながら、砂漠を下りました。
下りる時はとても楽しかったです。

●「砂丘はやけどしするぐらい熱かった!」
12月1日 ナミブ砂漠1日め ナミビア

今日は、ナミブ砂漠の一番美しいソススフレイに行きました。ホテルから2時間ぐらい
かかるので、チェックアウトして、今日は、そのソフフスレイの近くに泊まりたい
と思っていました。

ソススフレイについたのが、お昼前。砂漠はとても暑くてびっくりしました。
砂丘に登ったけど、ぼくと光はぞうりで来てしまっていて、足が砂にすっぽり入り込む
ので、暑くてたまらなくて、砂があまり深くないところを歩きました。だから頂上には
とても登れませんでした。

砂の熱さもすごいけど、空気もめちゃくちゃあつくて、ぼくは、死にそうだと思いまし
た。

そして、昼間は、ほかに観光客がまったくいませんでした。サンセットまでいようと
思いましたが、暑すぎて、むりでした。ジュースや水ばかりたくさん飲みました。

近くにキャンプ場があったので、テントを貸してもらえるかききましたが、なくて、
キャンプはむりなので、昨日泊まったホテルに戻って、明日朝早起きして、朝日を見よう
ということになりました。

ここから、ホテルに戻るまでもいくつかホテルがあって、聞いたけど、高かったのと、
やはり、ミーアキャットにとても会いたくなって、戻ることにしました。

ホテルに戻ってきたらホテルのおじさんが喜んでくれました。
夜7時ぐらいについたけど、夕食も準備してくれました。ここの料理はとても
きれいで美味しいです。





●「いよいよ、世界最古、アプリコット色に輝くのナミブ砂漠へ!」●
11月30日 ウントフックよりレンタカーでナミブ砂漠へ

今日は朝、パパがレンタカーを借りてきて、荷物を積んで、ナミブ砂漠へ出発しました。
運転手はパパで、、ぼくが地図を見て、行きました。

途中、道を間違えたりしたけど、4時間後、無事に、今日の目的地ソリティヤという
町につきました。
ここは、砂漠の入り口です。ここまでの道も舗装道路ではなく、砂土の道路でした。
そして、ここまで、レストランやカソリンスタンドも、信号もない道でした。

ここでカゾリンを入れ、お昼ご飯を食べて、売店でいろいろ見ていると、ホテルの
ハンフレットがあり、そこに行ってみようということになりました。

行ってみると、そこは、とても高級で、プールもあって、きれいな所でした。
金額を聞いて、ちょっと高いなーと思ったけれど、ぼくは、とても気にいって、ここが
いいよ、と頼みました。
ホテルの人にもうすこし安くしてくださいと頼むと、安くしてくれました。
とても広い部屋で、朝食も夕食もついていて、4人で、13000円ぐらいです。
ナミビアは物価が高いので、安宿でも一人1000円(4人で4000円)するので、
いつもの3倍だけど、ここに泊まることをきめました。

ホテルには、生まれたばかりの赤ちゃん牛や、しまうま、馬、ミーアキャットがいました。
赤ちゃん牛は、生まれて10日しかたってなくて、足がよわそうでした。
お母さん牛は、死んだそうです。

ミーアキャットを見たとき、ぼくはとても驚きました。だって、動物園でしかみたこと
がないからです。
そして、すぐぼくに慣れて、手にのってきました。とてもかわいかったです。



●「黒人さんとビリヤードで友達になったよ!」●
11月29日 ウィンドフック ナミビア

今日は、ホテルに泊まっている黒人の人達と、ビリヤードをしました。
初め僕が「ハロー」と声をかけてみると、その人達はニッコリして、答えてくれました。
そして、一緒にビリヤードをしました。黒人の人はジンバブエの人です。

僕達は、今までずっとスペイン語(ブラジルはポルトガル語)だったので、すぐ、
スペイン語がでてきます。なんで?とか聞くのに、「ポルケ?」とか、どこ?「ドンデ
エスタ?」とか、ごはん「コミーダ!」とかでてきます。
ジンバブエの男の人は、スペイン語がわかるみたいで、喜んで?いました。
(ジンバブエは独立前イギリス植民地、その前はポルトガル植民地)

パパがあとからその人と話をしましたが、ジンバブエで電話機の仕事をしていたそうです。
でもジンバブエで働いてもなかなかお金がたまらないので、ここナミビアで働こうと
きたそうです。
そうして、ぼくたちは、いつの間にかに友達になっていました。

パパともビリヤードの試合をいました。
第1回は、僕と光にチーム対パパです。
一回戦は、僕達が勝ちました。
2回戦は、パパが圧倒的に買っていたけど1点差で僕達のチームがぎりぎり逆転しました。
そして、パパがやめて、ビリヤードが強い黒人に入ってもらいました。
5回やって、4回とも僕が圧倒的で勝ちました。
とてもたのしかったです!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。