小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジンバブエ・たかひか日記
最高にたのしいクリスマスやったよ!!
クリスマスみんな会計士宅





【日本人のお兄ちゃんとだいふごうやったよ】
12月23日 ハラレ ジンバブエ

今日は、朝勉強をして、サッカーをしに行きました。
サッカーが出きる公園みたいな、所に行きました。
サッカーを1時間して、おととい行った遊園地に行きました。
遊園地中は、おとといと違って、たくさん人がいました。
そして、ボートに乗りました。
そして、買い物をして、ホテルに帰りました。
ホテルに帰ったら、同じホテルに泊まっているお兄ちゃん達とトランプ遊びをしました。
初めは、「だいふごう・神経すいじゃく・7並べ・ゆびすま」
などをしました。
とても楽しいです。
そして、少し休けいをして、いるとまた日本人が来ました。
そして、夜ご飯を食べて、僕と光とお兄ちゃん2人でだいふごうをやりまいした。
勝った回数は、僕が2回光は、1回お兄ちゃん2人3回でした。
とても楽しかったです。




【ハラレを歩くときんちょうするよ】
12月18日 ハラレ ジンバブエ

今日は朝勉強をして街に行きました。
ハラレは、とても危ないので、気をつけないと、ごうとうにあいます。
ホテルは、街の中心からほんの少ししかはなれていないのだけど、
ホテルの周辺は、人通りも少なく、道ばたに、何もしていない人が何人も
いて、とてもこわいです。
特に、ホテルの近くの5番通りは絶対歩いてはいけないのだそうです。
だから、ぼくたちは、そのとなりの6番通りを歩いていきました。

歩いているとだんだんビルがでてきて都会になりました。
でも、ハラレは福岡と同じぐらいの人口の街だと聞いていたけれど、
福岡の方が都会だと思いました。
しばらく歩いて、立ち止まった所は中か料理の所でした。
そのまま中か料理のレストランに入りました。
このレストランは少しねだんが高いけれど食べたいので食べました。
この中かレストランはねだんは少し高いけれどおおしかったです。

ココを出てジンバブエで1番大きいシャッピングセンターに行きました。
1番大きいショッピングセンターなのにぜんぜん物がありませんでした。
2階は仕事をやる所や家みたいな所に全然ありませんでした。

それから、となりの大きいビルに入って日本人がいる事務所に行きました。
ジャイカという日本の団体の事務所です。
そこに行ったけれど、受付の黒人の警備の人が、なんとかかんとか言って、
いれてくれませんでした。
日本人に会わせてくれませんでした。

この後、スーパーに行って買い物して帰りました。
スーパーにはモノはたくさんあるんだけど、なんか、あまりどれもきれいでは
なくて、野菜とかもきれいじゃなくて、おかしとかもおいしそうなのがなくて
、ほしいものがなかったです。
それに、お母さんが言うには、肉やハムなどがとても高く、驚いていました。
ぼくたちはジンバブエに入って10日以上たちますが、毎日、どんどん、
ものの金額が上がっているそうです。
最初、10日前に買った1リットルパックのフルーツジュースは4400
ジンバブエドル(240円)でした。これでも高いなと思っていましたが、
今日は7600ジンバブエドルに上がっていました。めちゃくちゃな上がり
方だと思いました。
今日は、ホテルに帰ってまた勉強をしました。



【ジンバブエのバス旅はスゴカッタ!】
12月17日 ブラワヨ→ハラレ ジンバブエ

今日は朝6時に起きて、バスが出る所に行きました。
そのバスは、ハラレに行くバスの中でも一番早いやつです。
バスのところに行くと、もうたくさんの人が待っていて、普通見かけない
白人も何人もいました。

街を歩いていても、99%黒人で、白人は見かけることはほとんどないので
す。

キャンセル待ちで待っていたけど、結局そのバスには乗れませんでした。
乗れなかったので、タクシーでこっちの人が乗るバスターミナルに行きまし
た。
バスターミナルまで5㎞あるので、タクシーで行こうとすると、今日は、
日曜日なので、タクシーも時々しか走っていません。
それなので、だいぶん歩いて、タクシーがいる所まで歩きました。

タクシーにを乗って、10分後こっちの人達が行くバスターミナルに着きまし
た。
バスターミナルは、まるで、中米みたいにごちゃごちゃなってて中米を思い
出します。
タクシーのおじさんが、「あれがたぶん一番早いよ」と教えてくれました。
そのバスに行くと、すぐ、のれのれと言われて、乗りました。
そのバスは、5列で1席のはばがとても小さいです。
でもこれしかないので、これにしました。

出発して、1時半後小さな町につきました。
バスが、泊まった瞬間たくさんの人達が、たくさんの物を売りに来ました。
トウモロコシやジュース・おかし・パン・ボールペンなどをたくさん売って
きました。
窓開けていなかったらバスをドンドンたたいて、いました。バスがボロなので
こわれそうでした。
トウモロコシがあったので、何円か聞くとその人は、
「5000ジンバブエ$(2,5$)」
と、いってとても高いので、
「2000ジンバブエ$(1$)」
と、いったら
「イイよ!!」
と、言ったので2つ買いました。

やっとバスが走りました。
バスが小走りで走っていても追いかけてきました。
とてもすごかったです。
そして、ずっとジャングルが続いています。
ときどき馬かロバ・などが野生でいます。
日本では、絶対に見れません。
やっと6時間経ってジンバブエの首都ハラレにつきました。
このハラレは、とても危ないので、ホテルまで歩いて行けませんとお母さん
が言っていました。
だから、すぐタクシーにのり、パームロックビラというホテルに行きました。
道には、ぜんぜん人が通っていませんでした。
部屋は3つベッドがある部屋で、窓もあって、いい感じでした。それで、
一部屋4ドルちょっと(500円もしない)です。すごい安いです。
ここは、日本人がよく泊まる宿です。場所はちょっとあぶないけど、安くて、
キッチンがつかえるようになっています。それに、ここに来た日本人が
いろんなアフリカの情報を書いたノートもあって、これを読んで、危険な
目にあわないようにします。
情報ノートを読んで、お母さんとパパは、スーパーにお米などを買いに行き
ました。日が暮れると危険なので、夜は外に食べにいかないほうがいいから
です。この近くに限らず、夜のハラレはとても危険なんだそうです。

ぼくたちも一緒に行ってみたかったけれども、ここらへんはあぶない地域な
ので(安宿が集まっていて外国人がねらわれている)、今日はもう夕方で
あぶないので、ということで、お母さんとパパだけ行きました。

パパは、ヌンチャクをブラブラ持って行きました。
そして、20分後お母さんとパパが帰ってきました。
お米は、僕がナベでたきました。

【ブラワヨの博物館はなかなか面白かった】
12月16日土 ブラワヨ ジンバブエ

今日は、朝から博物館に行きました。
その博物館はアフリカがどんな国か分かるかも??しれない博物館。
入場料をはらって、さっよく博物館の中に入りました。

最初の部屋に入ってみると、いきなり象のひょうほんが出てきて、みんな
とてもビックリしていました。
おそるおそる入ってみると、キリンやオリックス・シマウマ・ライオンなど
のひょうほんがありました。

この博物館は、写真を取ったらいけないのに取ってしまいました。
次のひょうほんは、鷹のひょうほんでした。
エサをとっているひょうほんがあって、とてもかっこよかったです。
チーター・ハイエナ・ヒョウ・トムソンガゼル・インパラ・フクロウ・鷹の
ひょうほんがありました。
ハイエナは、とても顔がでかくて、顔が気持ち悪いです。
インパラは、保護されている国立公園でもたくさん見れるけれど、普通の
ジャングルでもたくさん見られる動物です。
トムソンガゼルは、インパラと違って、角が大きくて、カッコイイです。
ヒョウは、サルも食べているひょうほんでした。
チーターは何かをねらっているような感じで、立っているひょうほんでした。
2回は、鳥だけのひょうほんでした。
鳥を見ていると、パパが、
「鳥の中ではやっぱり鷹がかっこいいね!!!!」
と、行っていました。
僕も同感でした。
次は、昔の人達の暮らし方のひょうほんでした。
昔の人達は、動物の皮をとって洋服にします。
昔のお金もありました。
僕が、光に
「昔のお金があるよーーーーーーーーー」
と、言ったら光は、走って来ました。
光は
「わーほしいなーー」
と言っていました。
昔のお金は、とても大きかったです。
戦争のぶきなどもありました。
博物館はとても面白かったです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。