小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たかひか「ドバイでおお金持ちになる」
「ぼくはこの7つ星ホテルに絶対とまってやるうう!」
と誓ったよ!

この7つ星ホテル1泊最低でも1000ドルするらしいです。ランチで
2万円、入場するのに3000円かかるそうです。警備も厳重。
そりゃそうですよね。世界のリッチがとまっっているんですから。

ドバイ7つ星夕陽


1月31日 ドバイ
今日もエミレイツ航空へいきました。
お母さんは、なんとか、2月1日バンコク行きの席をとりたいみたい
です。

今日はその前日。ダメモト(ダメでもともと)でまた行こう、となり
また行きました。

番号札を取って待ちました。斜め向こうにアジア人っぽい男の人が
いました。前もいて、おかあさんが、「あの人にあたったらいいなー」
と言いました。

というのは、番号札でよばれるので(日本の銀行のように)、誰にあ
たるかわからないのです。

何でその人がいいかというと、これまでずっと女の人にあたってきて、
席がとれないからだそうです。おかあさんが言うには、男の人の方が
なんとかしてくれる可能性がある?のだそうです。

で、結果。
本当に運良く、そのアジア人にあたりました。その人はフィリピン人だ
そうです。初めは、全然とれない、と言われました。でもお母さんは
粘って、「どにかくいつでもいい、バンコクに行きたい」と。
すると、「航空券持ってますか?」ときかれて見せると、
そのフィリピン人が私達が飛んできたルート、これからのルートを
しげしげと見て、なんか感動して、
「ちょっと待って、ちょっと相談してくるから」と奥の部屋に。

数分後、なんと「OKです。4席とりました!」と。

おおおおー!粘ってみるもんだ。ぼくたちはあす出発することができま
す。

その日の夕ご飯は、いつもの安食堂パキスタン料理やレバノン料理では
なく(これはこれでおいしいんだけど)、ふんぱつして、中華料理
へいきました、白ご飯もいっぱい食べれてぼくはとてもうれしかったで
す。

「ドバイの思い出に!すっげー!ラジコン」
1月30日 ドバイ
今日もウロウロしました。ウロウロしても、お母さんは何も買ってくれ
ないのでつまらないと思っていました。

ここドバイでずっごいラジコンがあって、おもちゃやさんが店の前の
道路で、ずっと遊んでいました。
ふつうのラジコンじゃなくて、合体変形するし、ぶつかっても全然
平気なくらいじょうぶそうなやつで、これは日本でも見たことがありま
せん。ひかるもぼくも(パパも)目がくぎづけになっていました。

それを、おかあさんが毎日のアイスクリームやおかしをがまんするなら、
買ってあげると言いました。「ドバイの思い出に」

やったー!



「ドバイは欲しい物だらけ!」
1月29日 ドバイ

今日は、朝勉強をして、昼ご飯を食べに行きました。
そして、エミレイツこうくに行きました。
エミレイツこうくうに行って、キャンセル待ちしているバンコク行きの
予約がとれていないかと聞きにいきました。

予約はとれていませんでした。とても混んでいるそうです。
ドバイとバンコクは1日2便飛ぶ日と、3便も飛ぶ日があって、たくさん
飛んでいるのに、全然あいてないとのことでした。

ドバイはお金がかかるので、早くバンコクにいきたいけれど、席が
ないのです。
エミレイツ航空の女性は、
「アップグレード席ならある」
と言いました。
それに乗りたければ、ひとり7万5千円追加になると言いました。
お母さんは冗談じゃないと断りました。

結局、席がとれたのは、2月6日。その間はまったく席はなく、キャン
セル待ちができるのは2月1日だけ。それ以外は、キャンセル待ちがで
きないほど混んでいるそうです。

2月6日に出発するとしたら、ドバイ滞在が10日になって、宿代
だけでも、56000円になってキツイなあーとお母さんが言いました。

でも、ぼくはドバイはキレイだし、信号があって、横断歩道があって
それを守るし、ごはんは高いけどおいしいし、お店もたくさんあって、
見てるだけでもたのしいし、で、好きになったので、まだいてもいいな
と思いました。

それから、近くのショッピングセンターに行きました。そんなに大きい
ところではなかったけれど、日本のスーパーのように、いろんなものが
たくさんあって、買いたい物がたくさんあって、たのしかったです。

それから、少し歩いたら、広くてきれいなしばふの広場があったので、
そのしばふで、走り回ったりキックして遊びました。
こんなにキレイなしばふだと、日本でも、「入ってはいけない」かんじ
だけどドバイではみんなはいっています。ぼくはこのしばふがとても
きにいりました。

そのあと、船に乗りました。
ドバイは町の真ん中をドバイクリークといって運河がながれています。
それを船でわたることができるのです。
観光客のための船ではなく、こっちの人の生活のための船です。
船は、1人1ディラハムで(30円)でした。
船で、川の向こう側に行きました。
向こうの町をたくさん歩いて、また、船に乗りました。
遊園地があったり、とうもろこしや、いろんな出店があって、
おかあさんに「買って」といったけど、高いからダメと言われました。
何でも高いからダメでぼくはつまらなかったです。
それで、途中でお母さんと大ケンカしました。ぼくは大金持ちになって
このドバイで何でも買ってやる!と思いました。

そして、結局、宿の近くの安いパキスタン料理やさんで、カレーを
食べて、ホテルに帰りました。この町には、出稼ぎ者のための、食堂
(レバノン料理、インド料理、イラン料理、地元のアラブ料理、など
など)がいっぱいあります。きんがくもとても安いです。4人で腹一杯
食べても1000円ぐらいです。

でもぼくはキレイなレストランで食べたいです。


「7つ星ホテルみたよ!」「ドバイのバスのヘンなルール」
1月28日 ドバイ

今日は、朝~昼まで、勉強をして、その後昼ご飯を食べて、世界一高級な
7つ星ホテルを見に行きました。
バス停に行って、45分待って、やっと7つ星ホテル方面に行くバスが
来ました。
バスのねだんは、1人2,5ディラハム(75円)でした。

何でも高いドバイだけど、バスは安いです。なぜなら、アラブのお金持ち
たちは自分の車に乗るのでバスにはのらないからだそうです。バスは、
出稼ぎの労働者のためのものなので、安いのだそうです。

そして、1時間20分後7つ星ホテルにつきました。
7つ星ホテルは、とても大きかったです。
本当は、7つ星ホテルの中も見たかったけど、1人25$ドル(3000
円)して、ただ見るだけで3000円は高いので、やめました。

海の砂浜で、少し(30分)遊んで、夕陽を見て、反対側に行きました。
反対側は、もう7つ星ホテルの物になっていました。
7つ星ホテルにたくさんの金持ち外人が入っていきました。ホテルの前に
はけいびいんが何人もいて、泊まっている人以外にはいれないように
していました。
ホテルの前には泊まっていないぼくたちのような人がたくさんいて、この
ホテルをうしろに写真をパチパチとっていました。ぼくは、このホテル
に泊まってやる!と思いました。

最悪のことはこのあとでした。

6時半なので、帰ろうとして、バス停まで、行って、バスを待ちました。
しかし、なかなかこないし、やっと来たと思ったら、満席で、通過
されました。

満席といっても、乗れないほどではなく、前の方は立ってのれるのに、
バスは通過していきます。

バスは日本のように時刻表があって(時刻表がある国は他にはなかった)
それによると、1時間に4本あるのに(15分に1本)ぜんぜんきません。
バスを待つ人はどんどん増えていきました。

よく見ると、待っているのは、こっちの人ではなく、ぼくたちと同じ
アジア人(中国人やフィリピン人)でした。ここらへんは高級住宅街なの
で、お手伝いさんのようでした。

待ちくたびれて、そして、1時間30分がたっても一人も乗れないので、
平行する1本うら側の道に行ってみようということになりました。

うら側は、暗くみんな高級の家ばかりで、大きな通りには出たけれど、
バスが通る道ではないようで、全然来なかったです。

もうバス停がないので、さっきのバス停に戻りました。
さっきのバス停に戻ったら、さっきより人が増えていました。
同じ人が待っていたので、ひとりも乗れていないことがわかりました。

そして、またずっと待って、結局2時間30分も待って来なかったので、
逆のバスにのり、逆の終点まで行き、終点からバスに乗り込もうと
いうことになりました。

このままでは、バスの運行も夜の11時ぐらいで終わるし、ここは
町から30キロほど離れていて、タクシーに乗ったらとても高いのは
わかっているからです。

そのバスの終点まで、1時間ぐらいかかりました。
終点に着くと、そこにはまた何人もバスを待っていました。しかし、
バスの運転手は、すべての人をのせずに、そのままドアを閉めて、10分
待てといいました。

ドバイのバスの運転手は、なんでかわからないけど、えばっています。
その時も、出発時間まで10分停まるなら、お客をのせたらいいのに、
のせません。ドバイは暑い国ですが、今は冬で夜はかなり寒くなります。
みんな寒そうにドアの前でまちました。

そしてやっとのれました。
そして、バスの終点から僕達のホテルのバス停まで、2時間ぐらいかかり
ました。
夜12時に僕達が泊まっている近くにつきました。
そして、夜ご飯は、近くのパキスタン料理を食べました。
食べて、すぐホテルに帰りました。

ドバイのバスはキレイだけど、本数がとても少ないし、通過するので
いやだなと思いました。

僕たちがずっとバスに乗っていて気がつきましたが、ドバイでは前の
3列は”女の人がすわる”席と決まっているようです。そこに男がすわ
っていて、女が乗ってくると、席をあけて後ろにきます。後ろは男ばか
りです。女の人の席がいっぱいのときは、4列目にすわっている男が席を
ゆずります。女の人は男の人の横にはすわりません。立つのも、女席の
ところで、男はその3列のところには立つこともできません。

だから、バス停で通過されたとき、前の方があいている(まだ立てる)
のに・・・と思ったわけです。
その女席には人は乗せないということです。

ドバイに住む人は、30%が現地人、70%は出稼ぎ者を含む外国人
だそうです。イエメンはこれよりもっときょくたんだったけど、
ドバイはイスラムでない外国人も多いのに、へんなルールやなあ
と思います。 


「お金持ちドバイへ」
1月27日(土)イエメン→ドバイ

今日は、朝5時半に起き空港へ行きました。
空港についたら係の人にパスポートを見せて、中に入ります。
飛行機に乗って、ゲームやビデオをたくさんみました。
そして、3時間後ドバイにつきました。
ドバイには、7つ星ホテルがあって、世界最高級のホテルがあります。
7つ星ホテルは、海の上に立っているごうかなホテルです。

空港のバス停からバスに
乗り、その終点のサバブというところでおり、ホテルを探しに行きまし
た。
ここらへんは、アフリカや他のアラブの国から出稼ぎにきている人が
多く、安いホテルもあると聞いていたからです。
安いといってもドバイはなんでも高い国なので、ぼくたちが泊まれる
ようなホテルは、なかなかありません。
そして、5軒目ぐらいに、ここにしようと決めました。
今まで世界一周で泊まった中で一番高いです。1泊5500円でした。
それでも、他よりは安く、それからもいろいろ探したけど、ここが一番
安かったです。

テレビも冷蔵庫もクーラーもついているし、ホットシャワーもガンガン
でます。でも部屋はせまいです。
それから・・・小さいごきぶりがちょろちょろしていたので、殺虫剤で
やってつけました。

そして、夜ご飯に中華料理を探しに行きました。
そして、中華料理があったので、そこで夜ご飯を食べました。
中華料理やに行って1番うれしいのは、白ご飯です。
そして、やきとりみたいなのと、なべを頼みました。
なべは、2つにしきられていて、辛いスープと辛くないのに分かれてい
ました。スープの中に肉や野菜などを入れて食べました。スープはとても
おししくて、最後にはぜーんぶ飲みました。そして
僕は、茶わん3倍分白ご飯を食べました。
とても美味しかったです。
値段は全部で100ディラハム(3000円)と今までからするととても
高いけど、ドバイではこのくらいなのかな?
でも、お母さんは高くてショックを受けていました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。